HOME > 日本環境洗浄技術協会について:協会について

日本環境洗浄技術協会について

日本環境洗浄技術協会についてのカテゴリーを選んでください。

協会理念

未来の地球や子供たちのために、キレイな水を返したい。
『水は大切な資源』です。

日本環境技術協会は、未来を考え環境に優しい新技術を開発・推進する協会です。
全国の一人でも多くの人々に共感していただき、クリーンナール工法を普及させたいと考えております。

協会概要

 日本環境洗浄技術協会は、自然環境にやさしい商品、施工技術などの普及を推奨する協会です。
 建物をきれいにするのはもちろん、環境に配慮したさまざまな施工方法を推奨し、自然を守る、環境の保全に努めるなど日々の研究に協力、努力を行っております。

【 推奨する床面のよごれ洗浄、スベリ止めは、 クリーンナール工法 】
クリーンナール工法とは
 床面をよごれ洗浄及びスベリ止め(以下、洗浄等)を施工するにあたり、現在採用されている多くの洗浄等液で、主成分が酸性成分原料などが含まれています。
 これらの洗浄等液をした現場では、洗浄等処理に使った処理済廃液を中和処理するのに時間とコストがかかっています。
 クリーンナール工法は、洗浄等後の処理済廃液処理を現場にて簡単で安全に、また短時間で中和処理することで、施工時間とコストの大幅削減に成功した画期的な工法です。

特許工法で、洗浄等液、専用中和液、フェンス、マット等を使用し、洗浄等作業をしながら中和処理ができる画期的な床面のよごれ洗浄、スベリ止め方法です)>>クリーンナール工法を詳しく見る

沿革

 長い年月で汚れた外装 (床、外壁、モニュメントなど) をきれいにする方法を考えた時、強力な薬品 (劇物等配合の洗浄液) を使用しないと、洗浄できない場合が以外と多いことがわかりました。
 また、この強力な薬品を使用して洗浄する過程で排水処理を考えずに、洗浄後の洗浄液をそのまま排水に放流するため環境破壊につながっていました。
 いままで、これらの排水処理方法を黙認してその「ツケ」を未来に廻していましたが、強力な薬品を使用して洗浄した排水の処理を合理的、画期的、また安全に処理する方法を発案して採用したクリーンナール工法で洗浄することにより、未来の人々や地球などの環境保護を図れると確信できたことで、平成23年5月4日(みどりの日)に日本環境洗浄技術協会を設立しました。

クリーンナール工法 日本環境洗浄技術協会 -JECC-
TEL:0761-48-8080